にわか受付嬢の女磨き&音楽活動の日々を綴るBlog
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
仙台観光に行ってきたゾ
2006-05-06 Sat 23:59:58
仕事がバタバタと決まった為に
このGWはあらかじめ何も特別な予定は入れていなかった私。

でもいろんな人に「GWの予定は?」
と聞かれるたんびに何か入れなくちゃいけない様な
気になってしまったのよね。暗示って怖いね~。

…ってか単に小市民なだけなんだけど(笑)

で、考えたのが
『仙台観光』
どこかしら新しいざんしょ??(笑)

…なんとでも言ってくれorz

まじめな話、仙台に移り住んでから長いこと経つけど、
実は仙台の事は意外に知らない。
仙台城址だって、小学校の遠足で行ったきりだよ?
まともな記憶すらないもんですよ。

そんな訳で、仙台観光を目的で走っている
『るーぷる仙台』というバスに乗って
あちこち回ってきましたよ。

まずは多分初めて行くと思われる『瑞鳳殿』へ。

瑞鳳殿とは寛永13年、70歳でその生涯を閉じた
伊達政宗の遺命を受け、その翌年に建てられた御廟なのですが、
残念ながら戦災で焼け落ちてしまったので、1979年に
再建されたものです。
(私が知ってる訳はなく。パンフレットから

こういう歴史的建造物ってのは、
小学生とかそんな時に見てもあまり良さはわからないものなので、
今見て正解かなぁと思ったりして。
多分もっと歳をとって(60過ぎぐらいとか)からみたら
もっと違う視点でみれるんだろうなぁ。
建物はおんなじなのに不思議なものだよね。

060506_1229~01.jpg
ここから石段を登ります。運動不足の体にはきつい

060506_1235~01.jpg
ここが瑞鳳殿への入り口。
マークはクリックすると拡大します)
060506_1246~01.jpg
060506_1254~01.jpg
左:瑞鳳殿 右:感仙殿

目の前で見ると圧倒されます。
かなり坂や石段が多くて疲れたけど
いいもの見た感じがしましたね。

次はまたバスに乗って、仙台といえば!という『仙台城址』へ。

060506_1328~01.jpg
いやぁ、観光の人が多かった~~。

ここにきたのは本当に何年ぶりなんだろう。
他県からお友達がきてもいつも松島にいってしまうので、
ここには来た事なかったしね。
ちょっと曇ってたけど、ここからの見晴らしはいいね~。

060506_1332~01.jpg


その後は隣にある護国神社にいってちょっとお参り。
ここはいつも行ってる神社とは違って、
人がたくさんいて、本当に観光地って感じの雰囲気。
たまにはこんな雰囲気もいいかな。

060506_1345~01.jpg
慌ててしまって順路(右側)じゃない
真正面から帰ってきてしまい、ちょっと焦って神様に謝罪…
お尻向けてごめんなさい…。

近かったけどいい小旅行でした(笑)

しかし、この観光でいろいろハプニングが。

ちょっと不思議な感じのことがほとんどだったのですが、
一番は瑞鳳寺(瑞鳳殿の側にあるお寺)にある
つり鐘を撮った画像があったのですが、
その画像に光とは違う白ーいものがふわ~っと大きく…。
この記事を編集しようとして気づいた

心霊写真かどうかわかりませんが、
嫌なものは感じなかったので、一応手を合わせて消去。
いやぁびっくり
真相はわかりませんがね。

たまには自分の知らない町を探検するのも楽しいな♪と
味をしめたので、またどこか行こうかな。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<今日のヒトコマ | G clef | たまには音楽の話>>
コメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| G clef |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。